消費税増税を改めて強調 経団連・御手洗会長

印刷

   日本経団連の御手洗冨士夫会長は2008年7月31日、日本外国特派員協会で「日本経済の現状と課題」をテーマに講演し、「いま最も緊急に行わなければならないのは安全・安心な社会保障制度の構築で、それを可能とする財源を確保するためには消費税の拡充が必要」と、消費税増税の必要性について改めて強調した。

   日本経済の現状を、「相当、厳しい状況にある。企業業績は減益、景況感も悪化している」との認識を示した半面、「日本経済は失われた10年を経て、目に見えて強化されている。景気が底割れし、後退するようなことはない」とも話した。

   また、北海道・洞爺湖サミットの成果について、「長期ビジョンを採択する必要性が合意された。セクター別アプローチの有用性、ポスト京都議定書の国際的な枠組み構築の必要性についても、G8各国で意見が一致した」と評価した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中