青木さやか 事務所社長に訴えたいこと

印刷

   お笑い芸人の青木さやかさんは所属事務所の社長と食事に行った時の出来事を2008年8月5日のブログに書いている。

   食事した相手とは、ワタナベエンターテインメント代表取締役社長の渡辺ミキ氏だ。青木さんは以前のブログで、「会社の社長であり、よき相談相手」と書いていた。

   あいにくの雨だったこの日、青木さんは第一声に「社長~いや~雨って嫌っすね~~~」というせりふを考えていた。しかし既に、店に着くまでの間に会話を交わしている。「もう第十声くらいだけど言ってみよう…どんな反応か…」と思い、せりふを口にした。

   すると社長は「青木、なに食べたい? 好きなの選んで」と返してきて、「雨嫌っすね~」はあっさりとスルーされた。そこで青木さんは、「あ、じゃあ温野菜を」と答える。社長は「わかったわ」という。考えてきたせりふがスルーされたことは気に留めなかった。ところが、1つだけ気になることがあった。社長はオーダーの際に、「温野菜を頼んでくれなかったのだ」。

「温野菜も食べたかった」

「じゃあ
何故
聞いたのだろう」

   疑問はわくが、不思議と指摘する気にもならず、かといって「温野菜も」と店員に言う気にもならなかった。

「温野菜なんかどっちだっていい、食べるものじゃなくて一緒に食べる人の方が大事だ」

と思ったからだ。しかし、やっぱり気になった。

「温野菜も食べたかったということを明日ブログで暗に訴えよう」

   そう心に決めて、久々の食事を楽しんだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中