北京の眞鍋かをり 開会式「人海戦術すげかった!」

印刷

   現在オリンピックに合わせて北京入りをしているタレントの眞鍋かをりさんが、2008年8月9日のブログで開会式の感想を書いている。

   「開会式! すげかった!」と、興奮が未だ冷めない様子。「鬼のように暑かった」が、スケールの大きさと演出につぐ演出で「夢みてるみたいだった」という。

   そこで思ったのが、「やっぱり中国 人多いわ」ということ。一つ一つの演出が「たぶん数千人単位」で行われていた。「伝統と豪華さ以外にじんかいせんじゅつ(人海戦術)というのも中国の持ち味だと思いました」。

   トラックバックには、「素晴らしい演出でしたね〜」「あの花火の数、ほんとに半端じゃないね」「やっぱりスケールが大きかった」といった、眞鍋さん同様圧倒されたという感想が多く寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中