おちまさと、「SATC」試写会で「エセパーティーピーポー」に怒り

印刷

   人気番組プロデューサのおちまさとさんは公開間近のハリウッド映画「SEX AND THE CITY」の試写会で、腹立つことがあったと2008年8月21日のブログに書いている。

   「SEX AND THE CITY(SATC)」の試写会を楽しんだというが、「観客の寒さ」がひどくて腹が立った。どんな観客なのかというと、「あの変な貧乏くさいハイエンド乗りの人種たち」と酷評している。実際のハイエンドブランドのパーティーでは見たことがなく、試写会にだけ現れてはその気のドレスやチンピラスーツで「うちらかなりイケてる」的な行動言動で、まわりを不快にさせる。さらに、「エセパーティーピーポー」「2円50銭な感じ」と、相当な怒りが込められている。

   極めつけには、

「まるでファッションとは無縁ドレスで大はしゃぎ症候群
マジでいなくなって欲しいんだけど」

と、締めくくっている。

   最近では「SATC」の試写会に行き、感激した様子をタレントの千秋さんがブログで書いている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中