「不思議ちゃん」宮地真緒 テーブルを何と呼んでいるのか

印刷

   タレントの宮地真緒さんが2008年8月21日のブログで、お茶目な一面を披露している。譲り受けたテーブルに名前をつけて呼んでいるというのだ。

   ブログの写真にも掲載されているテーブルは、実家が家具屋さんという友達が作ってくれた本格的な一品。不器用な宮地さんにとっては「すごいよね」と関心しきりの様子だ。

   このテーブルが相当うれしかったのだろう、宮地さんは「これからよろしくねテーブルちゃん」と話しかけているほどだ。さらに、「テーブルちゃんと呼ぶのもアレだから名前をつけました」と続ける。

「ミルキーアンかステファニーか迷ったんだけど…土方さんにしました」

   命名の由来は、ここ1週間読んでいる漫画の影響を受けたからだそう。ちなみに、宮地さんは次のような断り書きを追記している。

「こんなこと書くとまた不思議ちゃんかと思われがちですが。
至ってネタです。すいません。
どこまでが本気でどこまでがネタかは言いませんが。
宮地の半分はネタでできています」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中