上地雄輔が「MVP」 「本当に本当に本っ当に頑張ってる!!!」

印刷

   「羞恥心」の上地雄輔さんは2008年9月15日に放送されたフジテレビ系番組「がんばった大賞」で、MVPに選ばれたと、9月16日のブログで報告している。

「こんな事言ったら怒られんかもしんないけど、今までの何かで優勝した時より、1位になった時より、記録を作った時より、ギネスに載ったより、嬉しいかもしんない」

   同番組では、08年4月から9月までに放送されたドラマ、バラエティー、スポーツ、報道、ワイドショーなどフジテレビ全番組から、「がんばった!」という名珍場面を紹介。上地さんは、総出演者約10万人の中から、最高賞の「がんばった大賞MVP」を受賞した。収録の後にはいろんな人達が楽屋に来てくれて、喜びもひとしおだ。

   そんな上地さんは、普段から、「頑張る」と口に出すことを避けてきた。「自分で決める事じゃないし、自分で言ったらなんか自分に限界作っちゃうみたいで嫌だから」。ところが、このトロフィーをもらった時、「なんかがプツンて切れて泣きそんなった」。

「だから、
今日だけは許して? あまえさせて?
オイラ、実は、
スッッッッッッッッッッッッッッッゲーーーーーーーー
本当に本当に本っ当に頑張ってる!!!」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中