瀬戸内寂聴さん、「ぱーぷる」の名でケータイ小説を書いていた

印刷

   作家の瀬戸内寂聴さん(86)が「ぱーぷる」というペンネームでケータイ小説を書き、サイト上で発表していたことが2008年9月24日、わかった。女子高生のいちずな恋愛を描いたもので、タイトルは「あしたの虹」。同日、東京都内のホテルで行われた「第3回日本ケータイ小説大賞」の贈呈式で、名誉実行委員長として出席した際に告白した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中