世襲11人に親が県議2人 麻生内閣2世・3世閣僚だらけ

印刷

   2008年9月24日に発足した麻生新内閣。閣僚18人のうち11人が世襲議員で、ほか2人が県議の「2世議員」だ。世襲がないのは5人だけという、「お坊ちゃま内閣」と言われてもおかしくない閣僚の顔ぶれとなった。

関係ないのは5閣僚だけ

   麻生太郎・自民党総裁が2008年9月24日に衆院本会議で第92代内閣総理大臣に選出され、同日夜に麻生内閣が発足した。平均年齢は、先の福田改造内閣より4歳ほど若返り、小渕優子・少子化担当相が戦後最年少の34歳で初入閣したことが注目されている。

   この小渕少子化担当相も、父は小渕恵三・元首相というれっきとした「2世議員」。麻生首相も祖父が吉田茂・元首相で、高祖父大久保利通から数えると「5世議員」だ。麻生首相をはじめ、親が国会議員だったり、親族から地盤を引き継いだりしている世襲議員は、18閣僚中11人にも上っており、閣僚の「若さ」とは裏腹に、「世襲」色が際立っている。

   さらに、親や親族が国会議員という「世襲議員」のほかに、父が県議会議員だった閣僚は2人。河村建夫・官房長官の父は山口県議、二階俊博・経済産業相の父は和歌山県議で、2閣僚とも父の後を継いだ県議の経験者だ。世襲とは関係のないのは5閣僚にとどまっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中