長谷川洋三の産業ウォッチ
三菱自動車社長の戦略:リチウムイオン電池に力を入れる理由

印刷
「より高性能でより小型で充電能力の高いリチウムイオン電池を開発することは、単に電気自動車(EC)の動力源を開発すること以上の意味がある。将来的には発電所の姿を一変させる可能性もあるし、軍事的に利用することもありうる。現段階では日本企業が開発競争をリードしているが、その将来性を見込んで各国とも全力を挙げて追いかけてくると思う」

   三菱自動車の益子修社長は2008年10月6日、東京・有楽町の電気ビルの日本外国特派員協会で、リチウムイオン電池の開発競争の将来展望を質問した私にこう答えた。

   環境にやさしいエコカーの開発競争では、トヨタ自動車とホンダの両社がハイブリッドカーで先行したのに対し、資金的余裕がなかった三菱自動車や日産自動車は電気自動車の開発に力を入れてきた。三菱自動車では2009年夏に初の本格的小型電気自動車「i MiEV(アイミーブ)」を発売する予定で、GSユアサと共同で高性能のリチウムイオン電池を開発中だ。しかし「アイミーブ」の場合、1回の充電で走行できる距離は160キロメートルと短く、長距離の外出には向かない。これに対し益子社長は「高性能リチウムイオン電池は将来(家庭用コンセントなどの電源からも充電できる)プラグインハイブリッド車を作る際に大きな武器になる。限られた経営資源でハイブリッド車を開発するには無理があったが、プラグインハイブリッド車の開発には取り組んでいく。純粋な電気自動車は街中とか近距離を走る車で、長距離を走るのはプラグインハイブリッド車になるのではないか」と指摘した。

   また「電池の安全性には自信がある。ただ電気自動車が普及するには、高いコストをどう克服するべきだとか、急速充電装置などインフラを整備する必要がある。政府の助成金などがあれば開発のペースは速まるだろうし、急速充電装置などの社会インフラが整備されれば急速に普及すると思う」と強調した。益子社長によると「電気自動車の構成はモーターとインバーター、リチウムイオン電池の要素からなり、自動車メーカーより電気メーカーが作るほうが適しているという声もあるほどだ。しかし自動車メーカーは制御技術が得意であり、この制御技術に磨きをかけていく」と述べた。


【長谷川洋三プロフィール】
経済ジャーナリスト。BSジャパン解説委員。
元日本経済新聞社編集委員、帝京大学教授。BSジャパンテレビ「直撃!トップの決断」、ラジオ日経「夢企業探訪」「ウォッチ・ザ・カンパニー」のメインキャスター。著書に「ウェルチの哲学「日本復活」」、「カルロス・ゴーンが語る「5つの革命」」(いずれも講談社+α文庫)、「レクサス トヨタの挑戦」(日本経済新聞社)など多数。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中