「ストリートビュー」は迷惑行為 町田市議会が意見書

印刷

   東京都町田市議会は2008年10月9日、グーグルが展開している東京や大阪など12都市の主要道路のあらゆる地点で地図情報とあわせて360度の風景の写真を閲覧できるサービス「Street View(ストリートビュー)」に規制を求める意見書を賛成多数で採択した。

   意見書では、「ストリートビュー」について、被写体となる地域や個人に事前告知も公開許可願いもないほか、防犯上の不安を生むという声があるとして、政府や関係機関に、国民の意見の実態調査と無断で個人・自宅などを撮影し公開する行為を都道府県迷惑防止条例の「迷惑行為」として加えることを検討するよう求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中