スクエニ 「ヤングガンガン」編集者を解雇

印刷

   漫画雑誌「ヤングガンガン」の契約社員男性がミクシィ日記で未成年アイドルとの飲酒を告白していた問題で、発行元のスクウェア・エニックスは2008年10月17日、この男性を就業規則に基づいて解雇したことを同誌サイト上で明らかにした。

   それによると、この契約社員男性の日記書き込みについて、「個人的虚栄心によるものであり、当該契約社員に確認したところ、文章中で名前が挙げられた方々と同席した事もなければ面識もなく、飲酒等の会合が開催されたという事実もなく、全くもって事実無根の情報」という。別の女性アイドルのファンをキモヲタ呼ばわりしたことについては、「個人的感想であり、関係者の皆様およびヤングガンガン編集部の見解ではございません」として、お詫びしたいとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中