三浦元社長、弁護側が「他殺」主張 ロス市警は反論

印刷

   いわゆるロス事件で逮捕され、2008年10月10日に自殺した三浦和義元社長(61)=日本では無罪確定=について、弁護人のゲラゴス氏が独自に病理学者に検死を依頼したところ、自殺ではなく他殺だという結論だったと明らかにした。AP通信が08年10月20日報じた。一方のロサンゼルス市警は会見を開き、「自殺以外の犯罪行為の証拠は何もない」として、他殺説に反論した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中