日本看護協会、時間外労働の緊急実態調査へ

印刷

   日本看護協会は2008年11月5日、大阪と東京の20歳代の看護師が過労死した問題で、11月下旬に時間外労働などに関する緊急実態調査を行う、と発表した。結果は09年3月までに公表する予定。

   国立循環器病センター(大阪府吹田市)に勤務していた看護師の村上優子さん(当時25 歳)がくも膜下出血で死亡したことに関する行政訴訟で、大阪高裁は10 月30 日、「公務災害」とする判決を下した。村上さんの時間外労働は「過労死認定基準」となる月80時間以上には達していないものの、50~60時間が常態化していたことに加えて、日勤終了後、次の深夜勤までわずか5 時間程度で連続勤務をしていた実態を踏まえて認定された。

   07年5 月には東京都済生会中央病院で当直明けの看護師(当時24 歳)が、致死性不整脈により過労死した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中