立正大、148億円の含み損 「駒大のケースと違う」

印刷

   立正大学(東京・品川区)は2008年11月21日、資産運用のための金融取引で、08年9月末時点で約148億円の含み損を抱えていることを明らかにした。

   同大によれば、資金運用は外国債を組み込んだ投資信託などで、金融危機や円高の影響で含み損を抱えることになった。同大は08年11月21日、「大学経営に何ら支障が発生することはない」とのコメントをホームページで発表している。最近では、駒沢大がデリバティブ取引で約154億円の損失を計上したことが明らかになったが、同大はJ-CASTニュースに対して「(一部報道である)評価損ではなくあくまで含み損。収支上の損失を出した駒沢大学のケースとは意味合いが違う」と説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中