遅刻社員に駅で反省文読ませる動画騒動 社長が「警察に被害届」

印刷

   遅刻した社員が、罰として駅構内で大声をあげて反省文を読む動画が、都内企業の社長のブログに掲載されたことをめぐり、この社長が会社への脅迫電話、取引先への嫌がらせ電話が相次いだとして、警察に被害届を出したと自身のブログで明らかにした。また、会社のホームページでは、取引先や関係会社に対する謝罪文を掲載した。インターネット上ではこの動画について、「パワハラではないか」といった批判が相次ぎ、社長ブログが「炎上」する事態に発展していた。

   「騒動」の発端は、貸会議室運営会社・社長のブログに2008年11月19日に掲載された一つの動画。ブログでは、「遅刻の罰則」として、「お客さんや社長に多大なご迷惑をおかけしました」などと反省文らしきものを大声で読み上げる男性を撮影した「YouTube(ユーチューブ)」の動画が掲載されていた。

会社への脅迫電話・無言電話や、取引先への嫌がらせ電話

   社長ブログには、ネット上でこうした処罰を公開したことについて、「パワハラでは」といった批判の書き込みが殺到。巨大掲示版「2ちゃんねる」でも大きな話題になり、社長ブログも罵詈雑言が書き込まれる「大荒れ」の状態になった。

   この動画は2008年11月27日までに「YouTube」から削除されたほか、同日正午頃に社長ブログが更新され、

「会社への脅迫電話・無言電話や、取引先への嫌がらせ電話など業務に支障が出るレベルになりましたので威力業務妨害として警察へ被害届けを出して来ました」

と書かれている。

   同社のホームページでは、取引先や関係会社に対する謝罪文を掲載。「今後は、youtubeなどへの掲載はやめます」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中