「羞恥心」歌手活動終了 次のステージとは何なのか

印刷

   超人気のおバカ3人組「羞恥心」が解散するのかどうかがメディアを賑わせていたが、生みの親でプロデューサーの島田紳助さんが2008年12月3日、「歌手、羞恥心を終了します」とテレビ番組で発表した。今後は「本業」の役者として頑張ってほしい、というのだ。09年1月2日放送の特別番組を最後に「羞恥心」は歌から卒業する。

「今後は役者として育っていってほしい」

   「重大発表」として島田さんのビデオメッセージが流れたのは、「羞恥心」が出演したフジテレビ系「2008 FNS歌謡祭」。「羞恥心」が08年4月のデビューから爆発的なヒットを連発でき、3人が大人気になれたのは、多くの方の応援があったからだ、と「プロデューサー」として振り返った。そして、

「これから(3人)は役者としてどんどん育っていってほしいと思います。(年明けの番組で)羞恥心の、歌手、羞恥心の、終了にしたいと思います」

と語った。つまりこれ以降は、新曲は出ず、歌も歌わないということだ。

   このスケジュールは突然決まったことではなく、デビューさせるときに「みんなに言った」ことだという。確かに08年夏のテレビ番組でも島田さんは、「羞恥心」は08年大晦日のNHK「紅白歌合戦」出場後に終了させたい、と話していた。

「巣立っていく子供を見守る親のような気持ち」

という思い、としていた。

   島田さんのメッセージが終わると、カメラは番組の舞台に立っている「羞恥心」に切り替わった。リーダーのつるの剛士さんは、「羞恥心」が始まった当初からこうした話しはあった、と打ち明けた。しかし、「解散するわけではない」と強調。

「サードステージに向けて力をつける」

   「(3人)それぞれが役者、歌、バラエティーと、個々の持ち場に戻って、色んな所で頑張って、また、サードステージに向けて力をつけて、これからの羞恥心のパワーを溜めよう」と話した。歌手活動をしている「羞恥心」はファーストステージで、09年からはセカンドステージに突入することになるそうだ。もっともセカンドステージや、つるのさんが言った「サードステージ」の内容は番組では語られなかった。

   つるのさんは08年12月4日付けのブログで、「羞恥心、歌手活動」は一旦休止するものの、新曲「弱虫サンタ」のリリースや、「紅白歌合戦」など、歌手活動はまだ1ヶ月残っていると書いている。

「そして今後の2ndステージ ボキ、ユーチャン、ノックの個々の活動、無敵艦隊☆羞恥心の活動の応援の方も 引き続きよろしくお願いいたします」

とファンに呼びかけた。この日、コメント欄には約2000のカキコミが寄せられている。そこには、

「一旦休止なんだね。じゃ、絶対に再開してね!俳優・羞恥心も、もちろん応援するよ」
「今年一年羞恥心が私の生きがいでした」
「羞恥心の活動休止はやっぱりつらいです…でも、『パワーUPして帰ってくる』ってきいて安心しました」
「3人個々の活躍を、心底応援しているのに、3人揃っての笑顔や優しい雰囲気を感じる事が減るのが、少しだけ寂しくて… でも、ずっと応援してますよ!」

といったメッセージが並んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中