金運呼び込め! 不況で「招き猫」が売れている

印刷

   世界的な不況で消費が落ち込んでいる中、縁起ものとして有名な「招き猫」が売れている。愛知県瀬戸市のメーカー「中外陶園(ちゅうがいとうえん)」で、2008年秋頃から徐々に売れ始めている。広報担当者は、こう話す。

「じわじわと売れてきています。特に風水で金運を呼ぶとされる黄色と金色のタイプが売れていて、前年より2割近く注文が増えています」

   売れ筋は1000円~3000円のタイプで、「景気が悪いのであまり単価の高いものは売れていません」。

   一方、伝統的な三毛猫柄で有名な愛知県常滑市の招き猫専門メーカー、冨本人形園も年末年始に向けて出荷数が伸びていると話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中