客室に金箔貼った新型「つばめ」、09年夏にも登場

印刷
客室内の前後の壁には金箔が貼られている
客室内の前後の壁には金箔が貼られている

   JR九州は2008年12月17日、九州新幹線「つばめ」用に、従来の車両よりもデザインを洗練させた「新800系」を3編成(18両)投入する、と発表した。客室内の前後の壁には金箔を貼るほか、電話室には福岡県の伝統工芸品「久留米絣(がすり)」ののれんを使用する。2011年春に九州新幹線が全線開業(博多~鹿児島中央)するのを控えて製造されるもので、09年夏から10年秋にかけて順次お目見えの予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中