性関連グッズ販売に意欲 飯島愛に何が起きたのか

印刷

   自宅で死んでいるのが見つかった元タレントの飯島愛さん(36)は、週刊誌に対し性関連グッズの販売サイトを始めたいと意欲を語ったばかりだった。自殺説も流れているが、そうだとするとなぜ死を選んだのか。

   飯島愛さんのブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」は、2008年12月5日から更新が途絶えたままになっている。その死が報じられた24日までの間に、ファンらからのコメントが400件以上も溜まっていた。

   新聞各紙によると、飯島さんは24日午後3時15分ごろ、東京・渋谷区内の自宅マンションで倒れているのを、かつて所属していた事務所の関係者が見つけた。警視庁によると、事件性はなく、自殺の可能性があるとみて調べている。

   ブログ未更新の19日間に、何が起こったのか。

   飯島さんは、12月6日、栃木県内で行われたエイズ啓発イベントで元気な姿を見せていた。そのことを伝えた週刊朝日12月26日号の記事によると、飯島さんは会場でコンドームを配り、トークショーでは、シモネタトークなどで盛り上げていた。同誌の取材には、女性の悩みに応える性関連グッズをショッピングサイトで売ることを明らかにし、近日中にオープンさせると意欲を語っていた。

「十円ハゲはできるし、幻聴は聞こえるし」

更新が止まったままの飯島愛さんのブログ
更新が止まったままの飯島愛さんのブログ

   ただ、2007年3月31日に芸能界を引退してからの生活について、悩みも打ち明けている。朝日の取材には、「とにかく私、ヘンだったの。十円ハゲはできるし、幻聴は聞こえるし」と答えていた。08年11月30日のブログ日記では、「時々、急に、寂しくなったりしませんか?」「非日常でなく日常の中にポカンと穴が空いちゃっている感じ」などと自分に問いかけているようにもみえる書き込みもみられ、精神的に追い詰められていたのかもしれない。

   ちなみに、引退したときの理由は腎臓などが悪くなっていたこと。08年2月24日には、神経症ぎみで通院治療をしていたことなどをブログ日記で告白していた。死因はまだ不明だが、自殺だとすると心の問題が関連していたのかもしれない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中