一青窈、ドロボーに異例の呼びかけ「お金を世の中のために使って」

印刷

   「どうか、私のお金を世の中のために使って下さい」。歌手の一青窈(ひとと・よう)さんが、自分の財布から金銭を盗んだ犯人に向かって呼びかけている。自身の公式サイトを通じて「どうか、あなたよりもっと必要な人にそのお金を使ってください。心からお願いします」とメッセージを投げかけている。

「あなたの飲み代や衣服に消えてゆくのでは我慢がなりません」

   一青さんの公式サイトの「DIARY」というコーナーに2009年1月15日、「心当たりのある方へ」というメッセージが掲載された。そこには、黒っぽい財布の写真とともに、「昨日、私の財布から●万円を抜き取った人へ」という書き出しで始まる一文が記されている。

   それによると、一青さんは1月14日の夜、タクシーに財布を置き忘れた。2時間後に運転手が届けてくれたが、「財布は空っぽでした」。具体的な金額は書かれていないが、被害額は「●万円」だという。「麻布十番か広尾辺り」で自分の後に乗車した客が、現金だけを抜き取って財布をタクシーに残していったのだろうと、一青さんは推理している。

「あなたが抜き取ったそのお金は 私は容易に働いて稼いだものではありません」
「本当に心をこめて、汗水鼻水涙たらして たくさんのスタッフ、人間が関わって 命のこもった音をつくり それがやがてお金に変わり 私なりに一生懸命頑張って稼いだお金です」

と貴重な金銭が盗まれたことへの悔しさを記したあとで、一青さんは「お金を抜き取った心当たりのある人」に向かってこう呼びかけた。

「どうか、私のお金を世の中のために使って下さい。あなたの飲み代や衣服に消えてゆくのでは 我慢がなりません。(中略)どうか、あなたよりもっと必要な人に そのお金を使ってください。飢えで苦しむ子供たちでもいい 病に苦しむ人に コンビニでもいい、募金箱でも、一歩立ち止まって そのお金の使い方を考えてください。心からお願いします」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中