「日本映画大学」、2011年春の開校目指す

印刷

   映画監督の今村昌平が開校したことで知られる専門学校「日本映画学校」が、映画教育と映画研究のための単科大学「日本映画大学」の開校を目指していることが2009年1月29日にわかった。映画の4年制単科大学は国内初となる。

   「日本映画学校」を運営する学校法人神奈川映像学園によると、新キャンパスとして、廃校予定の川崎市立白山小学校跡地に「白山キャンパス」を設ける。また、現在の日本映画学校敷地を「新百合ヶ丘駅前キャンパス」とする。

   2010年3月の文部科学省への大学設置申請を目指しており、認可がおりれば、はやくて2010年10月以降から学生を募集する予定。2011年4月の開校を目指す。

   同広報部は「映画に関する技術を教える教育だけでなく、映画のアーカイブの研究も行っていく。総合芸術の映画にとって、美術、音楽、演劇に対する教養は大事なことですし、その入り口を教えたい」とはやくも意気込んでいた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中