女性人気声優「関わり絶ちたい!」 ネットストーカーに狙われ悲鳴

印刷

   人気声優の池澤春菜さんが「ネットストーカー被害」を自身のサイトで訴えている。元々池澤さんのファンだったという男性が、池澤さんと恋愛関係にあるかのような嘘の情報を掲示板に流したり、大量の文章が書かれたメールをしつこく送り付けてくるという。

かつて交際を迫ってきた男だった

池澤さんは「もう終わりにしたい」とBBSに書き込んでいる
池澤さんは「もう終わりにしたい」とBBSに書き込んでいる

   池澤さんはアニメ「マリア様がみてる」の島津由乃役や、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の星馬豪役などで知られるオスカープロモーション所属の人気声優だ。2009年2月23日付けの自身のサイトの「BBS」(掲示板)に、「ホントもう終わりにしたい」と題する文章を掲載した。別枠では、被害のようすを詳しく書いている。

   それによると、最近、信じられない様な虚偽の書き込みが巨大掲示板「2ちゃんねる」に出ているとの報告を受けた。書き込んでいるのは、かつて仕事場に押しかけたり、付きまとって交際を申し込むなどしたストーカーだった。

   この男性は池澤さんと特別な関係だと書いている。その証拠として「個人的に貰った愛のメッセージ」だという写真を掲載している。また、池澤さんの日記(ブログ)には「自分だけにわかる秘密のメッセージが書いてある」などと書いていて、池澤さんは驚いた。また、どんな理由かは不明だが、池澤さんを「告訴したい」などとも書いたという。

   実際に「2ちゃんねる」の該当部分を見てみると、男性が池澤さんについて書いたと思われる

「春菜がいかに自分が非常識ということ、俺を敵にするという事の大損害、今の自分のおかれてる状況がわかってない」
「俺は春菜が事態を把握出来ることを信じて、書類等で法的に裁く気はまだないんだけどでたらめで誤解されるのもいやなんでね」
「愛、運命、くされ縁 冗談じゃなくてマジですw奇遇が多すぎるんです そのうち話します」

などの池澤さんに関する勝手な書き込みが数多く見つかる。

   池澤さんは、この男性との個人的接点がないし、頻繁に大量の文章で送られてくるメールに返事を返したこともないと説明している。男性が池澤さんとの親密さを示す証拠の「愛のメッセージ」は、オスカー主催で行った「Yahoo!」のチャリティオークションの時のものと思われ、落札者にメッセージカードを添えただけ。また、この男性が何度も使っているという「春菜は愛のために泣いた」という文章の意味をこう推察する。

「夜道でいきなり襲われて、全く話が通じなくて、とにかく自分の言い分(しかも理解不能)を押し通そうとする相手に対して、そりゃ泣きますよ!! 怖かったもん!!」

と説明している。「一刻も早く、この方との関わりを絶ちたい」というのだ。

規制法で逆にストーカーが増えた?

   「ネットストーカー」は、相手の行動を監視しているかのようなメールを送ったり、掲示板に書き込むなどの迷惑行為を指す。99年に「ストーカー規制法」が公布されて以後、ストーカー行為がしにくくなったせいなのか、逆にネットを使ったストーカー行為が頻繁に起こなわれるようになったようだ。ストーカー犯罪などに詳しい河原崎弘弁護士は、

「今回のケースは名誉毀損に当たり法的処置が執れる」

と説明する。有名人の場合、似たような騒動が起こることが多く、仮に事実無根の内容がしつこく書かれた場合は、それが事実と違うことをファンや芸能界関係者に伝えるため、池澤さんのように自身のサイトで掲示することが大切だという。また、一般の女性が「ネットストーカー」に遭わないためには、自分が特定できないようにハンドルネームやブログなどの仕様を工夫するのも効果的だ。被害にあった場合は「ネットストーカー」行為の証拠を集め、警察や弁護士に相談するのがいいという。また、弁護士に相談し告訴状を作ると警察に捜査義務が生じるので、解決が早くなる可能性が高くなると話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中