NHKが謝罪 ペースメーカーに誤解招く表現あった

印刷

   NHK総合テレビで放送中の推理ドラマ「Q.E.D.証明終了」で、心臓ペースメーカーの安全性に誤解を招く表現があったとして、番組ホームページで謝罪した。問題があったのは2009年1月15日放送の第2回「銀の瞳」。人形の瞳にライデン瓶という静電気の蓄電器を仕込み、放電させてペースメーカーを破壊し、装着していた人が死亡する場面を描いた。

   放送後に関係機関から指摘があり、検証の結果、ペースメーカーの静電気放電に対する安全性や耐久性が極めて高いことが分かったという。

   ホームページでは、番組のチーフプロデューサー名で「ペースメーカーを使用されている方や、そのご家族、関係者の皆さんに、無用のご心配をおかけすることになったことをお詫びいたします」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中