北の湖八百長訴訟、講談社側に高額賠償命令

印刷

   週刊現代の「八百長疑惑報道」で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会と北の湖前理事長(元横綱)が、同誌発行元の講談社や執筆者の武田頼政氏らに計1億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が2009年3月5日、東京地裁であった。浜秀樹裁判長は、「裏付け取材が不十分で、記事を真実と認める証拠はない」として、講談社側に計1540万円の支払いと、記事を取り消す広告の掲載を命じた。記事の取り消し広告は、この種の訴訟では極めて異例だ。

   問題となったのは、「北の湖理事長がナメられる『八百長相撲』の過去」という見出しを掲げた、週刊現代07年3月10日号。1975年の春場所、千秋楽の結びの一番と優勝決定戦で、元大関貴ノ花(故二子山親方)と対戦した北の湖前理事長が八百長を行った、などと報じていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中