野党各党、「一方的」とNHKを批判 小沢氏秘書の供述報道

印刷

   西松建設をめぐる違法献金事件に関するNHKの報道をめぐり、2009年3月30日の参院総務委員会で野党各党からNHKへの批判が相次いだ。

   これは25日に、小沢代表の公設第1秘書・大久保隆規被告が「うその記載を認める供述をしていることが関係者の取材でわかりました」とNHKが報じたもの。これに対し27日、同被告の弁護人は報道機関に向け「弁護人らの認識は全く異なっております」「誤解に基づく報道ではないかと考えております」とコメント、NHKの報道を否定していた。

   30日の参院総務委員会では、国民新党の長谷川憲正氏が「あまりに一方的な結論だ。選挙目前の微妙な時期の報道は慎重でなければならない。公共放送としては慎重を欠いたと言わざるを得ない」とNHKを批判。民主党の行田邦子氏は「弁護人らは誤解に基づく報道ではないかと考えている。この点についてはNHKで報道されていない。意見が対立している問題は、できるだけ多くの角度から論点を明らかにするべきだ」とした。NHK側は「十分な取材に基づいて事実と確信してお伝えしている」と説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中