「喫煙室設置」の高校長 「今年度中に喫煙者ゼロに」

印刷

   愛知県新城市の私立黄柳野(つげの)高校が男子寮に喫煙室を設置し、辻田一成校長と学校法人「黄柳野学園」が県青少年保護育成条例違反(喫煙場所の提供)容疑で書類送検された問題で、名古屋地検豊橋支部は2009年4月1日、辻田校長と法人を3月31日付で起訴猶予処分にしたと発表した。処分理由について地検支部は、「同校が厳格な禁煙指導を行うようになり、生徒や保護者らも寛大な処分を嘆願している点を考慮した」と説明している。

   辻田校長は2日、J-CASTニュースの取材に応じ、「今後は法令を遵守し、今年度中に喫煙者をゼロにしていきます」と話した。禁煙指導の専門医による講演会を開くほか、新入生には、喫煙しないという誓約書を書いてもらうとのことだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中