小泉元首相、「かんぽ売却を」 政局話は封印

印刷

   小泉純一郎元首相は2009年4月8日、京都市内で講演し、日本郵政の「かんぽの宿」売却問題について、「(売却価格が)高すぎるとか安すぎるとかいう問題ではない。元々、役所がやらないといけない事業だったのかという点を突いていかないといけない」と、従来通り売却を進めるべきだとの考えを示した。一方、冒頭には「政局の話はしない」と話し、政局については「封印」する考えを明らかにした。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中