コロンバン、菓子など自主回収 ジャムから農薬検出で

印刷

   洋菓子メーカー「コロンバン」(東京都渋谷区)は2009年4月21日、菓子に使っているアメリカ産ラズベリージャムから基準値を上回る農薬「ビフェナゼート」を検出したとして、該当する菓子5万5000箱を自主回収することを明らかにした。

   回収するのは、焼き菓子「フールセック」と「コロンバンビスキュイ」。菓子使用のジャムには、基準値の0.01ppmを上回る1.2ppmの農薬が含まれていたとしているが、食べても健康には影響がないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中