東海道新幹線、乗客数6年ぶり前年割れ

印刷

   JR東海は2009年4月21日、東海道新幹線の08年度の乗客数は前年度比1%減だった、と発表した。前年割れは、いわゆる「ITバブル」が崩壊した02年度以来6年ぶり。景気後退を受け、企業が出張の削減を進めていることが響いた。1992年3月の運行開始以来、乗客数が「右肩上がり」だった「のぞみ」も、初めて減少に転じた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中