くまきり「仙台でキャバ嬢」と告白 「芸能界辞め、客と結婚考えた」

印刷

   「崖っぷちアイドル」のくまきりあさ美さん(28)が、仕事がなかった時代に仙台市のキャバクラで働いていた、と告白した。客から親切にされたこともあって、芸能界をスパッと辞め、「お客さんと結婚した方がいいのかな」と悩んでいた。

控え室にある弁当やお菓子を全部持って帰る

   くまきりさんが出演したのはテレビ朝日系「草野☆キッド」(2009年5月12日放送)。この番組は有名人が「自分史」を語る番組で、「崖っぷちアイドル」として知られるくまきりさんが親にも話したことがない様々なエピソードを語った。

   1998年、高校3年生の時に人気グループ「チェキッ娘」のメンバーに選ばれ一躍有名に。が、グループは1年で解散、以降は殆ど仕事のない日々が続いた。マネージャーを付けてもらえず、当時の月給は4万5000円。たまに仕事が来れば現場に一人で出掛け、控え室などにある弁当やお菓子を全部持って帰っては飢えを凌いだ。結婚してもいいと思っていた男性に二股をかけられ、男性は別の女性と結婚。仕事もなくお金もなく彼氏にふられ、「引き籠もり」になった末に選んだのはキャバクラ嬢だった。

   住み込みでキャバ嬢をしたのは仙台。仙台を選んだのは、「キャバクラは仙台、名古屋、福島に多いと聞いていて、仙台にはテレビ局がないと思っていた」からだそうだ。キャバ嬢になった理由は「キャバクラ出身の女の子はテレビのバラエティー番組で成功すると聞いていた」からで、前向きな「修行」でもあったようだ。勤めて間もなく店のナンバーワンに。人に優しくされたり、愛されたりする喜びに感激した。

「芸能界スパッと辞めて、このお客さんと結婚した方がいいのかな」

と思ったりもしたという。

   しかし、1か月後に所属事務所のホリプロにキャバ嬢をしていることがバレ、「2重契約になるからダメだ」と東京に連れ戻される。戻っても仕事がない。くまきりさんは泣きながら島田紳助さんに電話で相談。紳助さんから、「お前は失うものは何もない。いくつかチャンスをあげるから思いっきり頑張ってみたら!?」とアドバイスされ、芸能界から去るのを踏み止まった。その後、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演。自らを「崖っぷちアイドル」と名乗り、仕事がないので何でもやります、などと訴えたことがウケ、テレビ番組の露出が増えていった。

上司と親密な関係になって仕事もらう有名女子アナ

   そんなくまきりさんが芸能界で学んだのは「ドン底見たら何でもできる」ということ。しかしトラウマになった「事件」もあったという。それは「チェキッ娘」時代。メンバーの一人と男性マネージャーが恋愛関係になり、そのメンバーと喧嘩でもしようものなら、メンバーのステージでの立ち位置がどんどん後ろに下げられた。それ以来くまきりさんは怖くなって、同世代のアイドルとは仲良くなれなくなった、というのだ。それを聞いた番組の司会の草野仁さんは、こういう例は他にもある、と「ある局」の女性アナウンサーの話を始めた。

   草野さんの話によれば、2人の同期の女性アナウンサーがいて、一人がとても積極的な性格でアナウンサーの仕事を割り振るデスクと親密な関係になった。

「ありとあらゆるいい仕事が、全部自分に回ってくるような構造を作った人(女子アナ)もいました」

とのことだ。その女子アナは誰でも知っている有名な人だそうだが、番組ではそれが誰なのか、あかさなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中