サービス停止「ゆびとま」 再建委員会のもとで再開へ

印刷

   同窓会支援サイトの「この指とまれ!」(通称・ゆびとま)が2009年5月初めから、サービスを停止している。同サイトの告知文によれば「甚大なトラブル」があったとのことだったが、詳しい状況や再開の見込みは明らかでなかった。

   しかし5月31日、ゆびとまのトップページが更新され、「ゆびとま再建委員会」事務局の名で、6月14日にサービスが再開される予定だと告知された。同事務局の告知文によると、本来の運営主体である「株式会社この指とまれ」による障害復旧が困難なため、サービス復旧作業やサービス管理業務が、外部組織である「ゆびとま再建委員会」に移管されることになった。

   ゆびとま再建委員会とは、ゆびとまのヘビーユーザー数人と複数の協力企業で構成された組織だというが、代表者や構成メンバーの名前は不明だ。同委員会によると、復旧作業が長期化する場合も想定して、全く新しいシステムを新たに開発してサービスを移管することも視野に入れながら復旧作業を進めており、6月14日にはサービスが再開できる予定だという。

   約350万人が登録しているとされる会員の個人情報の流出も懸念されるが、同委員会は「個人情報を含めたすべてのデータは委員会にて完全に保全致しておりますので、ご安心下さいますようお願い申し上げます」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中