なんと年収1300万円も!有名私大職員「高すぎないか」

印刷

   有名私大の大学職員が45歳で軒並み平均年収1000万円を超える高給を得ていることが、私大教職員組合の調べで分かった。関西大が1250万円、早稲田大が1100万円…。私学には国などから多額の補助金が下りているだけに、「高すぎる」との批判も出ている。

関西大1250万円、早稲田大1100万円

職員年収が高い早稲田大学
職員年収が高い早稲田大学

   どこぞの大企業か、と見間違えるような数字が並んでいる。45歳職員で、平均年収が上から、

   関西大1250万円、明治・中央大1158万円、立教大1129万円、早稲田大1100万円…。

   これは、日本私大教連の各地区労組がまとめた有名10大学職員の年収一覧だ。配偶者と子ども2人がいる職員を対象に、本俸やボーナス、各種手当を含んだ2008年度の年収を調査した結果になっている。この年収一覧は、私大教連機関誌の09年5月28日付大阪・京都滋賀版に、「09春闘に役立つ資料」として載せられている。

   45歳では、実に7大学が年収1000万円以上だ。35歳でも、明治大956万円をトップにすべて年収700万円以上になっている。55歳を見ると、慶応大の963万円を除きすべて1000万円以上で、トップの関西大では、なんと1343万円にも達しているのだ。

   国家公務員の行政事務職で、08年度の平均年収が41歳で644万円。この大不況で、民間に比べて「高すぎる」と指摘されている。私大には、国などからの補助金が収入の1割ほども出ているだけに、ネット上では、大学職員の高給ぶりに批判も出ている。

   年収一覧について、「これでも大学職員のブログ」が5月31日付エントリーで「いろいろな方面から叩かれそう」と紹介すると、はてなブックマークが200以上もつく関心を集めた。はてブのコメントは、「これで私学助成云々はもう言えなくなるな」「学費毎年上げてるのに、公になると批判が出そうだな」「非常勤講師が檄貧生活している一方、これか」などだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中