定額給付金の使い道、46%が生活費に 日経調査

印刷

   定額給付金は、46%が生活費の補てんに回されていることが、日本経済新聞社のインターネット調査でわかった。2009年6月16日付の同紙で報じた。

   定額給付金は5月半ばまでに大半の自治体から支給された。その使い道について調査したところ、約半数が給付金の一部あるいは全額をすでに使っていた。具体的な使い道としては、食費が3分の1を占め、各家庭の厳しい台所事情が透けて見える。期待されたレジャーなどの消費全体の底上げへの貢献は薄いようだ。

   給付金の支給は標準モデル(夫婦と18歳以下の子ども2人)世帯で6万4000円。なお、この調査は全国の20歳代以上の消費者1000人の回答を集計した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中