大和証券、REIT大手のダヴィンチ系を傘下に

印刷

   大和証券グループ本社は国内証券で初めて、不動産投資信託(REIT)の資産運用に参入する。大手不動産ファンドのダヴィンチ・ホールディングス系列のREIT、「DAオフィス投資法人」(DAO)が2009年7月に実施する第三者割当増資を引き受け、100億円を出資して傘下に収める。

   同時にREITの運用会社である「ダヴィンチ・セレクト」(DS)の全株式をダヴィンチHDから譲り受ける。6月17日に大和証券とダヴィンチHDが合意した。 DAOは東京証券取引所に上場するJ-REITで、首都圏にオフィスビルを保有する。第三者割当増資で得た資金で財務基盤を強化する。

   大和証券は、J-REITの資産運用会社を傘下に置くことで不動産アセットマネジメントに参入。優良なREIT商品を継続的に供給できる体制を整える。個人投資家の満足度を高めて、預かり資産の拡大をめざす。

   買収にあたっては、サブプライムローンやリーマンショックの影響で不動産価格の下落が続くなか、割安になったとの判断が働いたとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中