富士山、登頂なしの山開き 残雪多く12年ぶり

印刷

   2009年7月1日に行われる富士山の山開きについて、山梨県は6月29日、残雪が多いため同県側からは登頂できないことを明らかにした。静岡県側も3年連続で登頂できないことになっており、登頂なしの山開きは12年ぶりとなった。

   山梨県では、山頂のすぐ近くにアイスバーンがまだ残っており、登山者の安全が確保できないことを理由に挙げている。登山できるのは、5合目から8.5合目の山小屋「御来光館」までで、下山には、当面登山道を共用することにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中