東国原知事、衆院選出馬に弱気の発言

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事は、自身の次期衆院選の出馬について、周りの状況が「予想以上に逆風だ」と、2009年7月9日に記者団に対し弱気の発言をした。思った以上に自民党内の反発があり、世論の支持が得られないことを認めたためで「国政転身に白旗?」と書く新聞も現れた。不出馬の場合、各党のマニフェストを検討した上で、自民党以外の政党を応援する考えも示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中