麻生首相、一部高齢者を「働くことしか才能がない」と発言し釈明

印刷

   麻生太郎首相が、2009年7月25日の会合で一部高齢者について「働くことしか才能がない」などと表現し、同日中に「日本に元気で活力がある高齢者が多いということ」と釈明したことが分かった。

   最初の発言があったのは、横浜市内で開かれた日本青年会議所主催の会合。毎日新聞の記事によると、麻生首相は「元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思ってください。働くことに、絶対の能力がある。80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、その人たちは納税者になる」と述べた。

   これが問題発言とされたため、麻生首相は、同日夕に仙台市内で行われた講演で、釈明した。時事通信によると、「意図が正しく伝わっていない。申し上げたいのは、日本に元気で活力がある高齢者が多いということ。社会参加してもらい、働く場をつくる」などと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中