城内氏、「行き違いがあった」と謝罪 眞鍋ポスター「無断使用」は否定

印刷

   衆院選静岡7区に出馬予定の城内実氏(44)が2009年8月3日、自身の選挙ポスターにタレントの眞鍋かをりさんの写真が使用されていた問題について謝罪した。ポスターは大半が撤去済み。

   城内氏はJ-CASTニュースに対し、仲介役となったイベント会社「オフィスプロペラ」の社長と眞鍋さんの所属事務所である「アヴィラ」との意思疎通が取れておらず、行き違いがあったようだ、と説明する。この両者に了解があったという前提でポスターを作成、決して無断使用したわけではない、としたうえで、

「結果としてこのようなことになってしまい、眞鍋さんや関係者の皆様に迷惑をかけてしまったことをお詫びします」

と謝罪した。今後については、「眞鍋さんの芸能活動が支障なく行われ、ご活躍されることを祈っております。私自身はこの問題をふまえ、選挙に向け頑張っていきたい」とコメントしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中