厚生年金・国民年金、共に過去最高の赤字

印刷

   厚生労働省は、公的年金の08年度決算(時価ベース)を2009年8月4日に公表した。サラリーマンが加入する厚生年金は10兆1795億円の赤字、自営業者らが入る国民年金は1兆1216億円の赤字で、決算データがある01年度以降、最大の赤字になった。株安が影響し、市場運用で多額の損失を出したため。保険料収入では、厚生年金は前年度よりも7214億円増え22兆6905億円になった。国民年金は支払う人が75万2千人減少し、収入も前年度より1112億円減り1兆7470億円になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中