「行動が早すぎた」 東国原知事出馬騒動を振り返る

印刷
2年5か月ぶりに外国特派員協会で記者会見に臨む東国原知事
2年5か月ぶりに外国特派員協会で記者会見に臨む東国原知事

   宮崎県の東国原英夫知事が2009年8月14日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見を開き、衆院選をめぐる自民党からの「出馬騒動」を振り返った。知事は「行動が早すぎた」「首相になるためには、もっと英語を勉強しないといけない。まだ早い」などと、当分国政は目指さない姿勢を改めて示した。

   東国原知事が同協会で会見するのは、就任直後の07年3月以来2年5か月ぶり。この時の様子を振り返りながら、冒頭の数分間、「これ、問題になるかも知れない」としながら、

「『シュワルツェネッガー(カリフォルニア州知事)よりもレーガン(元大統領)になりたい』と言ったかも知れない。これは変わっていない。行動が早すぎた(action was too early)」

などと英語であいさつ。国政への未練をにじませたかに見えたが、日本語での質疑応答では、騒動について

「地方分権をやりたかった。それを実行するための権限が必要だった。首相になりたかった訳ではない。首相になるためには、もっと英語を勉強しないといけない。まだ早いと思った」
「今回の件では、ともすれば『立ち直れないくらいのつまづきなのではないか』とも言われた。これを教訓に努力を続けていきたい」

などと釈明。一貫して慎重な姿勢を貫いた。07年の会見では、鼻の穴に指を突っ込むなどのパフォーマンスで記者の笑いを誘ったが、それもすっかりなりを潜めていた。

全国知事会の要求、一定の成果をあげたのでは

   出馬騒動をめぐっては、東国原知事は自民党に対して「全国知事会マニフェスト100%受け入れ」を要求したことが波紋を広げた。マニフェストについて問われると、

「地方分権については、各党のマニフェストは大きく変わらない。全国知事会などが要求したことが、一定の成果をあげたのでは。100%とはいかないまでも、7割は入れてもらった。良好だと思う。あとは実行の問題だ」

と、一定の評価を示した。

   覚せい剤所持の容疑で逮捕された酒井法子容疑者にも

「麻薬汚染が、意外に芸能界や一般社会に広がっている。これには驚いた。清純なイメージで活動していたので、そのギャップに大変な驚きと残念さを感じた」

と言及。起訴されるかどうかが焦点になっている酒井容疑者だが、同容疑者の今後については、

「どういう形になるにせよ、今の罪を十分につぐなって、子どもがいる立場でもあるので、社会的に更生して欲しい。本人が十分に反省をして、また、それを受け入れられる社会作りも我々に課せられた責任だ」

などと述べた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中