新型インフルエンザ、国内初の死者 沖縄の50代男性

印刷

    新型インフルエンザに感染した沖縄県に住む50歳代男性が2009年8月15日未明、沖縄県内の病院で死亡した。沖縄県福祉保健部医務課が明らかにした。新型インフルエンザによる死者は国内で初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中