恋人をつくる「近道」とは 朝ごはんをちゃんと食べること?

印刷

   毎朝ごはんを食べる人は、健康で元気なだけでなく、恋人にしたい「理想のタイプ」でもあるらしい。若者層のマーケティング調査を行うM1・F1総研が、朝ごはんを毎日食べる人を「朝食系」と名付け、食べない人との意識や行動の差や、食べないことによる弊害を検証してみたところ、朝食を食べる人のほうが仕事やプライベートで充実した生活を送り、さらにその「まじめ」で堅実なライフスタイルが恋人の理想のタイプとほぼ一致していることがわかった。朝ごはん「抜き」は、恋愛にもマイナスに働く?

朝ごはん「毎日食べる」は3人に1人

   M1・F1総研が20代・30代の独身一人暮らし男女800人に聞いた「朝食摂取実態とライフスタイルの関係性」によると、朝ごはんが「元気の源」と答えた人が94.1%を占めた。「毎日朝ごはんを食べたい」と思っている人は74.5%もいる。ところが、実際に「毎日朝ご飯を食べている」人は34.8%と、3人に1人だった。

   また、厚生労働省が08年12月に発表した「2007年国民健康・栄養調査」では、20年前から男女とも20~30歳代の欠食率が高くなっていることが判明。若者が朝食を摂らないことが社会的な問題になりつつあるようだ。

   朝食を摂らない理由は、「時間がない」「ぎりぎりまで寝ていたい」といった声が多い。夜型の生活を送る人が増えたことが影響しているとみられるが、さらに朝食を摂らないと「生活態度がルーズになる」との傾向が表れた。

   朝ごはんを食べる「朝食系」の人は、78.1%が「規則正しい生活をしている」と実感しているのに対して、朝ごはんを食べない人は30.5%しか実感していない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中