サンミュージックが酒井法子を解雇

印刷

   酒井法子被告(38)が所属するサンミュージックプロダクション(東京都新宿区)は、2009年8月28日夕記者会見を開き、同日付で酒井被告の契約を解除し、解雇したと発表した。酒井被告が逮捕された09年8月9日に開いた会見で「起訴されれば解雇もありえる」としていた。

   サンミュージックの相澤正久社長(60)は会見で、

「本日をもち酒井法子とのタレント契約を解除しました。23年という長い年月を共に頑張って歩んできましたが、反社会的行為は決して許されるものではなく、解雇という結論に達しました」

と話し、「本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

   酒井法子容疑者(38)が覚醒剤を隠し持っていた事件で、東京地検は2009年8月28日に覚せい剤取締法違反(所持)罪で酒井容疑者を起訴した。解雇はこれを受けたもの。

   酒井容疑者は取り調べに対し「3、4年前から覚醒剤を使用していた」と供述したとされるが、「覚せい剤を抜くために逃走」した6日間があり、「これでは逃げ得だ!」などの批判が出ていた。

   酒井被告はすでに、持ち歌の音楽配信や、09年9月に発売予定だったベストアルバム「酒井法子ゴールデン☆ベスト」の発売も中止。過去に発売されたCDの回収もされている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中