タミフルの供給量、昨シーズンの3倍に 中外製薬

印刷

   インフルエンザ治療薬「タミフル」の製造輸入販売を手がける、中外製薬は2009年9月7日、タミフルの医療機関向け供給計画を発表した。それによると、10年3月までに1200万人分を新たに生産し、供給する。これは昨シーズンの出荷量の3倍に相当するという。流行状況に応じては、追加供給も検討していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中