「テレ朝が事実誤認報道」 外務省が抗議文

印刷

   テレビ朝日「報道ステーション」でインドネシアにおけるODAについての報道に事実誤認があったとして、外務省が児玉和夫外務報道官名で抗議文を送っていたことが、2009年9月16日までに分かった。

   この部分は10日に放送され、ODAで建設したスマトラ島のダムについて「貯水量の不足が原因で、発電目標を達成できない」と言及した。これについて、外務省では、計画の124%の発電量を達成しており、同省への取材もされていないと主張している。テレビ朝日では、事実関係を現在調査中だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中