イトーヨーカ堂4年間で30店閉鎖 ディスカウントストアへの転換も進める

印刷

   総合スーパー大手のイトーヨーカ堂などを傘下にもつセブン&アイ・ホールディングスは2009年10月1日、10年2月中間期の連結当期純利益が前年同期比35.3%減の436億円になったと発表した。スーパーストア事業や百貨店、フードサービス事業が大きく足を引っ張った。

   セブン&アイHDの連結営業利益は1181億円(前年同期比20.2%減)。このうち、イトーヨーカ堂は43億円の赤字に転落。ただ、ヨーカ堂を含むスーパー事業は83.4%減の26億円となった。景気低迷と夏場の天候不順に加え、安売り販売の影響を受けたことから、衣料品を中心に売上げが伸び悩んだ。

   また、百貨店の営業利益は84.7%減の11億円、フードサービスは6億円の赤字だった。

05年度から09年度に24か店を閉鎖

   こうしたことから、セブン&アイHDは傘下のイトーヨーカ堂を13年2月期までに約30か店閉鎖する方向だ。具体的な店舗名については未定という。

   ヨーカ堂は05年度から09年度に24か店を閉鎖(予定を含む)。一方、17か店を新規出店しており、「09年度も4か店、10年度も5か店の出店を予定しており、4年間で30か店は通常より数か店多いくらい」(セブン&アイHD広報部)と説明する。

   ヨーカ堂は一部の店舗で、新業態のディスカウントストア「ザ・プライス」への転換を進めていて、この中間期に8か店を改装オープン。09年8月末までに10店舗体制となった。 セブン&アイHDは、「マーケットの変化や顧客ニーズをとらえた売り場づくりを検討している。(ヨーカ堂は)業態転換を進めていることもあり、ニーズをみながら転換、最終的に閉鎖するところもある」という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中