光市の母子殺害、被告の元少年側が実名本の出版禁止求める

印刷

   山口県光市の母子殺害事件で、被告の元少年側が、元少年の実名を明かして事件の本を出した東京都内の出版社「インシデンツ」に対し、出版禁止を求める仮処分を2009年10月7日までに広島地裁に申し立てた。

   この本では、元少年の人物像や犯行に至る経緯が書かれており、7日にすでに書店の店頭に並んでいる。仮処分は、出版が実名報道を禁じた少年法に違反するとして申し立てた。

   被告弁護団の本田兆司弁護士は、6日の記者会見で、元少年が「事前チェックをした上で、場合によっては実名の記載を了解するかもしれない」と著者側に伝えたと主張した。一方、著者の一橋大職員、増田美智子さんらもこの日、記者会見し、元少年に「実名で書きたい」と伝えたところ、「書いてもらって構いません」との回答があったことを明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中