日本の「相対的貧困率」 06年は15.7%

印刷

   長妻昭厚生労働相は2009年10月20日、国民の貧困率の割合を示す指標「相対的貧困率」が06年は15.7%であったことを発表した。政府として貧困率を出したのは初めて。

   全世帯の可処分所得を1人当たりに換算し、高い順に並べたときに真ん中の所得(228万円)の半分に満たない人の割合を算出した。98年以降の3年ごとの数値も公表され、98年は14.6%、01年は15.3%、04年は14.9%だった。

   鳩山由紀夫首相は今回の15.7%という数字に関し同日夜、「大変ひどい数字だ」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中