花巻東の菊池雄星投手、国内球団入りを表明

印刷

   高校ナンバーワンの左腕とされる岩手・花巻東高校の菊池雄星投手(18)は2009年10月25日、同校での記者会見で、「日本でプレーさせていただきたいと思います」と表明した。米大リーグに挑戦するか注目されたが、菊池は「まだまだ自分のレベルでは世界に通用しないと思った。メジャーはひとまず封印し、日本一の投手になってから挑戦したい」と述べた。

   菊池投手は、29日のプロ野球ドラフト会議について、「指名されれば、どの球団でもベストを尽くしたい」とした。ドラフトでは、史上最多となる8球団を超えて指名される可能性も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中