島根女子大生殺しの猟奇性 「羊たちの沈黙」とそっくり?

印刷

   若い女性の皮を剥いで、遺体を自然の中に捨てていく…。島根の女子大生バラバラ殺人事件は、あるホラー映画をほうふつとさせる猟奇性が次第に明らかになってきている。

   広島県の臥龍山中で2009年11月6日から次々に見つかった遺体は、想像を絶するような残虐性だった。

遺体を焼いて証拠隠滅?

事件の猟奇性が浮き彫りに
事件の猟奇性が浮き彫りに

   マスコミ報道によると、見つかった島根県立大1年の平岡都さん(19)は、顔が殴られたり踏まれたりして膨れあがり、首や手足は鋭利な刃物で切断されていた。それも、女性の胸の部分や内臓などがえぐり取られ、皮膚を剥いだり、血を抜いたりした跡まであったというのだ。左大腿骨は、肉がそぎ落とされていたことから、犯人が食べたのではないかという説まで出ている。

   犯人は、平岡さんの首を絞めて殺したあと、バラバラにしてビニール袋に詰め込み、山の中で車の窓からばらまいたのではないかとみられている。遺体を焼いて証拠隠滅などを図ろうとしていた跡もあるという。

   手口の残虐性から、週刊誌やネット上で話題になっているのが、米ハリウッド映画の「羊たちの沈黙」だ。1991年公開で、アカデミー賞作品賞などを受賞している。

   映画では、若い女性の皮を剥いで死体を川に流すという猟奇事件が起こり、FBIが天才精神科医のレクター博士に心理を読み解いてもらう想定で進んでいく。実は、レクター博士は、患者を次々に殺して食べたとして措置入院中の身だった。

   島根の事件は、このレクター博士のケースにそっくりではないかというのだ。県警の捜査本部でも、レンタルビデオ店にホラー映画の貸し出しリストを提供してもらうなどして調べていると報じられている。

ショックを受けてカウンセリングを受ける学生もいる

   マスコミでは、島根県警の捜査員が20~30代の男3人の写真を持ち歩いて、ホームセンターなどに聞き込んでいるとの報道があった。この点から、犯人はかなり絞り込まれているのではとの推測も出たが、その後は、捜査員はもう持ち歩いていないとも報じられている。

   平岡都さんが姿を消した島根県浜田市では、レンタルビデオ店やホームセンターなどを取材しても、「警察はまだ聞き込みに来ていない」との反応が多かった。事件については、怨恨説から行きずり犯行説まで出ており、捜査当局も、まだ絞り切れていないのかもしれない。

   犯行の残虐性から、島根県立大では、ショックを受けてカウンセリングを受ける学生もいるといい、アルバイトを早めに切り上げて帰る学生の話も聞くという。

   遺体がばらまかれた広島県の臥龍山では、今も警察の捜索が続いている。山を管理する北広島町の芸北支所によると、林道の入り口から規制線が張られ、一般の人は立ち入れなくなっている。

「臥龍山は、国定公園の特別地域になっており、観光客が紅葉のブナ林を見たり、名水『雪霊水』を汲んだりしによく来ます。事件で山に入れなくなって、地元としても、とても迷惑していますよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中